90歳の自分との対話

両親がためこんださまざまなモノと格闘しながら
小さな暮らしを目指して断捨離中の50代。

Category:コスメ・ヘアメイク・美容関係

あっさりしたつけ心地が気に入っていたミネラルウォータリーファンデーション。廃盤になってしまいました。気に入ってはいたのですが、不満点もあったので新しいファンデを探すいい機会だったかもしれません。 ...

「密着してくずれにくい」と評判の繰り出し式のペンシルアイライナー。が、芯が折れやすく、今まで3回折れました。この10日間で2回。芯は4センチほどしかないのに、半分は折れて捨てています。もったいない。原因と対策を考えました。 ...

10代の姪たちが泊まりに来た時に使うかな、と置いていたヘア・コンディショナー。まだ少し残っているのですが、詰替え容器にカビが…容器ごと処分することにしました。これを機にリンスやコンディショナーを卒業することにしました。 ...

photo by Andreas Lindmark夏の日差しでダメージを受けた髪。9月に入り日照時間も少しは減ったはずですが、ここにきて抜け毛が増えてきました。手ぐしで整えようとすると1・2本指に絡まって抜けてしまうのです。簡単な対策を取りました。 ...

日本女性の黒髪には柘植(つげ)の櫛。そう思って30年持っていた櫛ですが、結局使いませんでした。 ...

旅行用のポーチを整理したら小分け用のボトルや石鹸入れが出てきました。1泊から2〜3泊の小旅行用の詰め替え容器です。が、最近ボトルを使わずに化粧水などを持っていける方法を知ったので、これらの容器は捨てることにしました。 ...

メイク用のスポンジを処分します。ファンデーションブラシを使い始めたところ、非常に使い勝手がよく、仕上がりもバッチリ。スポンジは最近まったく使っていませんでした。 ...

おでこのプツプツもきれいに治り、56歳ながら絶好調のお肌。前回は「手入れを最小限に」というミニマムケアがよかったと書きました。さらにもう1つのポイントが「うぶ毛ケア」です。フェイスシェーバーを買ってマメに剃るようになってからファンデのノリがアップしたし、肌の ...

毎日のように使うメイクコーナー。ついごちゃごちゃしてしまう化粧品、道具類を整理し、無駄をなくしていきたいです。まず「容れ物」を捨てることから始めました。人は「容れ物」があったらモノを入れたくなる。本当に、「容れ物」が先か「モノ」が先か、ですね。深く深くう ...

化粧品やメイク用品の整理を始めました。メイクアップ・スクールに行ったこともあり、メイクアップ・アーティストなみに化粧品を持っていたこともあります。今は色モノもベーシックなものだけですが、単色で揃えてあるので数が多くなります。3・4色がセットになったパレット ...

↑このページのトップヘ