90歳の自分との対話

両親がためこんださまざまなモノと格闘しながら
小さな暮らしを目指して断捨離中の50代。

2015年08月

廊下にある収納棚。もともとは電話を置いていたのですが、受話器は私の自室、机の横に移動。ここはコーヒーメーカー置きになりました。少し整理したいと思います。 ...

化粧水、乳液、化粧下地、ファンデーション。4つの機能を持つBBクリームを使っています。時間短縮、手軽さ、「とりあえずこれだけでも」な便利さ、値段も、私が使っているのは手頃です。1200円くらい。 ...

化粧直しに必須のあぶらとり紙。金箔の台紙に使われていた紙を化粧用に転用したのがあぶらとり紙のはじまりだそうで。化粧品メーカーも各社いろいろ出しています。紙表面にパウダーを添付した化粧直しにも使えるあぶらとり紙も使ったことがあります。が、とにかく高いと思い ...

photo by allnightavenueここ10年ほどは短めの、いわゆるショートボブ。トップが長く、襟足は短い感じ。それをかなり短いショートにしてもらいました。最近のタレントさんで言うと剛力彩芽さんぐらいの長さ。 ...

MUJIのフタ付き収納ボックス。布貼りの質感が好きでしたが、よく見るとシミが…。フタ付きでホコリは入りませんが、上にモノを重ねられないという不便さがありました。 ...

いつか処分しよう、とひもで束ねて置いていた手紙やハガキをかなり手放した。 中身は読み返さず、封筒のまま、さらに大きな封筒に入れて処分した。中学・高校時代の手紙もあった。 ...

台所の2大トピック、三角コーナーと水切りカゴ。便利といえば便利。面倒といえば面倒。私は面倒だと思うし、手間もかかるし「不要派」。母は絶対「必要派」。かねてより攻防が繰り広げられてきました。  ...

台所の1画。 調理小物や乾物類、インスタント調味料を入れた引き出し収納。 ごちゃごちゃで、使いにくく、いらないモノもいっぱい。 しかしここは母のテリトリーだからあまりさわりたくない。 が、母が友人と出かけたすきにちょっと整理してみた。 ...

涼しくなるまで片づけを休むつもりだったロフト。しかし、少しでも不要品を階下に運び、捨てやすいようにしておきたいと思い暑い中1時間ずつ作業。奥の物を手前に、さらに階段の近くに、と少しずつ移動し、処分可能な小物類はその都度捨てています。父の工具がほとんどだと思 ...

腕時計や文具類、ドライバーなどの工具、刃物類。「小さな粗大ゴミ」のなかでもリサイクル回収可能なモノがあります。金属製の食器類、レンチ(工具)などはすべて金属なので回収してくれます。オール金属⇒回収ボックスそれ以外⇒捨てボックスこの分類をしていくことにしま ...

↑このページのトップヘ