20190514_workman-logo

初めてワークマンで買い物しました。安くて機能性が高く実用重視の品揃え。今回はTシャツをお試し購入です。

衣替えで春夏衣料をチェック


衣替えで冬用のヒートテックと暖パンは収納ボックスへ。代わりに半袖Tシャツとジャージを出してきました。

私は普段の仕事着をユニフォーム化していて、毎日同じような格好で出勤します。春夏は黒Tシャツと黒かネイビーのジャージをローテーションしています。

GUとユニクロの黒Tシャツパックで仕事着のユニフォーム化  

今、衣装ケースから出してきたTシャツは2015年に買ったもの。もう3シーズン着ました。コスパよすぎ、というかケチケチなんですけど(笑)。

さすがに生地も薄くなり、 色もほぼチャコール・グレーに褪せてきました。買い替え時ですね。

またユニクロかGUでもいいかな、と思っていたのですが、ちょっと迷うところがありました。

というのは、以前の記事にも書きましたが、洗濯のときの色落ちと繊維落ちがひどかったので、あれをもう一度やるのはいやだな、と思ったからなのです。
GUとユニクロのパックTシャツ(黒)を1ヶ月着てみて

で、先日偵察に行った「ワークマン」で「これは試してみたい」と思うTシャツがあったので1枚買ってみました。

ワークマン「襟が強い純綿Tシャツ」をお試し購入


20190514_workman-navy

ウリは「襟が伸びにくいこと」。襟ぐりはリブが4重になっている、とのこと。普通のTシャツだと襟のリブは2重ですから、このTシャツはしっかりと厚めです。

実際来てみると、襟のあきは少し小さめの作りになっていて、さすがに首周りはしっかりしています。身頃の生地はごく普通の厚さです。綿100%というのがいいんですね。

20190514_workman_uniqlo

上がワークマンのネイビーTシャツ。下は3シーズン着たユニクロのパックTシャツ黒。襟ぐりのデザインの違い、襟のあきの違いがあります。

サイズはメンズのS、価格は1枚499円(税込み)です。(ユニクロのパックTシャツは2枚入りで1069円(税込み換算)、1枚は534円。)

一度洗濯しました。多少色落ちはありますが、繊維クズは少なかったです。ネイビーなので白いホコリも目立つのですが、しばらく着てみます。洗濯に耐えてほしいですね。

今日の成果


ユニクロのパックTシャツを3年も着るなんてケチケチなのですが、Tシャツを徹底的に着倒すとどうなるか、わかったのが収穫でしたね(笑)。

色は落ちるし、かたちは崩れてくるし、生地も繊維が抜けて薄くなり、伸縮性もなく、伸びっぱなしになります。このTシャツは使い切った、という気持ちです。納得し、未練なく処分できます。
*読んだよってクリックしてね
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村